社内風景

社内風景

オフィスの周辺環境

KRP9 号館

はじめに、当社オフィスの周辺環境からご紹介します。

当社は、京都市内の京都リサーチパーク (KRP) にあります。

KRP は、研究開発やベンチャービジネスの支援を目的とし、 ICT 関連企業を中心に様々な企業や支援機関がおよそ 480 社集まる一大ビジネス拠点です。 企業や大学・研究機関の交流が盛んに行われており、企業活動を行う上ではとてもありがたい環境です。


当社のオフィスは、KRP 西地区にある KRP9 号館の北棟 6F にあります。北棟には、企業のオフィスの他、1F には「平和書店 TSUTAYA」や「スターバックス」が入っています。 南棟には「京都市産業技術研究所」があります。

最寄り駅は JR 丹波口駅です。KRP の東側にあり、オフィスまで徒歩 5 分ほどの距離です。

最寄り駅 (JR 丹波口駅) からオフィスまで

KRP9 号館の入口

駅からオフィスまでの道程を簡単にご紹介します。

駅の改札を通り正面の出口から出ると五条通があります。 この通りを左手 (西) に沿ってしばらく歩くと、 五条通と七本松通が交差する大きな交差点が見えてきます。 KRP の東地区と西地区が交わるこの近辺にはお食事処がたくさんあり、 当社の社員もよく利用させていただいています。

交差点を渡るとすぐ左手に建築中の KRP10 号館が見えます。 工事用の白いパーテションが並ぶ歩道をしばらく進むと、 左手に KRP9 号館の「スターバックス」が見えてきます。

KRP9 号館の入り口は、「スターバックス」のすぐ手前にある左手の小道を 20m ほど進んだ右手にあります。 入口周辺には竹や楓が植えられおり、京都の四季を感じることができます。


エントランス ホールに入ると、正面の登り階段の先に京都らしい中庭 (登り庭) が見えます。 6F のオフィスには、ホール左手のエレベーターをご利用いただけます。

6F の共用フロアは「開放廊下」になっており、樹木や草花が植えられた憩いの場がある一風変わった作りになっています。 当社のオフィスは、共用フロアの正面奥にある扉を通り右手の一番奥にあります。

KRP9 号館のエントランスと中庭 KRP9 号館 6F の開放廊下 知能情報システムのオフィス入口

知能情報システムへようこそ

知能情報システムの社内ミーティングの様子1

社内では様々なミーティングやディスカッションを日常的に行っています。

例えば、受託開発のプロジェクト ミーティングでは、お客様からご依頼いただいた内容について、どのように進めていくか、どのような提案を行うかなどを話し合ったり、 全体開発ミーティングでは、受託開発・製品開発プロジェクトの進捗やお客様からの打診案件について情報共有を行ったりしています。

行動改善ミーティングでは、社員それぞれが自己ミッションへの取り組みについてメンターに相談したり、 月次ミーティングでは、資金シミュレーションによる経営状態の共有や、顧問会計士による財務・会計管理に関する勉強会を行っています。

これらに限らず、興味のある分野の論文の話題や、技術的な話題で社員が自然と集まり、研究室のような雰囲気でディスカッションが行われています。


知能情報システムの社内ミーティングの様子2

研究開発部では、定期的に勉強会を開いています。勉強会の内容は、最新のソフトウェア技術や学術的な専門知識に関するものなど様々で、 テーマに興味のある社員が自主的に集まり勉強しています。

研究開発部の社員は、受託開発業務のほか、新製品・サービスの企画・開発なども手掛けています。 また、来社いただいたお客様に技術提案を行ったり、WEB 会議でコンサルティングをしたり、 時には、お客様と一緒にビジネスプランを検討したり、外部資金獲得のサポートをしたりする時もあります。


自分は何に喜びや楽しみを感じるのか、どんな働き方を目指したいのか、どんな仕事に携わりたいのか、その仕事をどのように生み出していくのか、そこから考え、活動することが業務の中心になります。 社員ひとりひとりが、それぞれの理想の働き方の実現に向けて協力しあいながら取り組んでいます。

知能情報システムのオフィスで社員 知能情報システムの社員 知能情報システムの社員

オフィス コンセプト

知能情報システムのオフィス内

オフィスは、パーテションの無いフラットな空間を大切にしています。

ミーティング スペースや一休み用のソファーの周り、代表の机の周りにも壁になるものはありません。 また社員の机は、コクピットのようにU字型に並んでいます。 これらは、社員同士のコミュニケーションを円滑にするためです。


オフィスでは、社員がリラックスして過ごせるように心地よい BGM を流しています。 また植物や滝のオブジェを置いて快適な空間づくりをしています。


知能情報システムのイエロー ボード

ミーティング スペースの壁は、一面が自由に書き込めるようになっています。 社内ではイエロー ボードと呼び、勉強会や、ミーティング、ちょっとしたディスカッションの際に活用しています。


本棚には学術書や技術書、ビジネス書など本当にたくさんの書籍があります。 新しく購入した書籍は、興味を持った社員がすぐ手に取れるようにミーティング スペースや休憩スペースに並びます。


社員の机や椅子、パソコンのディスプレイ、周辺機器などは社員それぞれが自分にフィットしたものを自分で選び使っています。 これらは生産性を高める大切な道具だと考えています。

知能情報システムの本棚

当社のオフィス空間は、社員全員で考えたコンセプトをもとに、現在も発展途上の真っ最中です。


最後に、テラスから見える京都市内の風景をご紹介します。 当社にお越しいただいた際には、ぜひ一度テラスからご展望ください。 以上、当社の社内風景をご紹介いたしました。


知能情報システムのテラスからの京都市内の眺め
ページトップ