メッセージ 01

村田 賢 (むらた さとし)

広く世の中で使われるソフトウェアを作りたい

知能情報システムの技術者、村田賢

私は博士後期課程を卒業後、研究テーマであった「ヒト脳活動の解読」に関連する研究を行っている研究所に就職しました。そこでは、計測した脳データを共有するシステムの構築や脳データの解析ソフトウェアの作成を行っていました。しかし、より広く世の中で使われるソフトウェアを作りたい、より利用者に近い場所で開発を行いたいと考え、知能情報システムへ転職しました。会社選択の決め手は、高い技術力と理論に関する知識を活かしたソフトウェア開発という特色でした。ここならば、これまでの脳計測・解析に関する知見を活かせ、自分をさらに成長させることもできると考えたからです。

魅力はすべてを担当できること

現在は、「脳データのリアルタイム解析ソフトウェアの高速化」の仕事をしています。当社には、営業から開発まですべてを担当できるという特徴があり、私も営業としてこの仕事を受注し、現在開発をしています。一人ひとりの裁量が非常に大きいため、責任がありますが、それ以上にやりがいがあると思います。

求職者の方へのメッセージ

自分の強みを活かし、新しいことに挑戦していきたいという方は、ぜひ一緒に新しいものを作っていきましょう。

ページトップ